自分に合ったコーヒーメーカーを選ぼう!

>

選ぶ時のコツをおさえよう

容量と保温性を確認しよう

どれくらいのコーヒーを作るかは人それぞれですよね。
1番手に入れやすいドリップ式のコーヒーメーカーの場合、1回の使用でどれくらいコーヒーを淹れられるのかは結構大切なコツなのです。
一人暮らしの方や、夫婦でしか飲まないなど、コーヒーを飲む人が少ない場合は4〜5杯程度が淹れられるもので十分ですが、友達がよく遊びに来る、会社などで利用するといった、多くの人が使う場合は10杯程度淹れられるものを選びましょう。

コーヒーメーカーのポットには2タイプありますが、ガラスの場合保温持続時間が短く、どうしても風味が失われがちです。
それに対して保温性という点ではステンレス製の方が味や香りを長く保つことができるのでおすすめです。

使いやすいかどうかも大切

当たり前ですが、使い勝手の良さはやはり大切なコツですよね。
意外なことに、値段と使いやすさが比例しないのがコーヒーメーカーなのです。

コーヒーを淹れる際に汚れてしまう部分は、すぐに洗える脱着式のものか、また、コーヒーを淹れるのに使う水を入れておくタンクも脱着式なのかという2つのコツは、しっかりと確認するようにしましょう。
この2点ができるかどうかで、コーヒーの美味しさが大きく変わります。

コーヒーメーカーは、そのブランドによって搭載されている機能に差があります。
同じくらいの値段でも、機能が違うこともよくあります。
もちろん全機能が搭載されていれば良いというわけではありませんが、自分が使いたい機能がきちんと備わっているかどうかの確認は大切です。


この記事をシェアする